カテゴリリンク

2024年2月27日火曜日

裏金と確定申告について、ワシは考えた

 ~無料相談会で考えていたこと~


 今年の冬の帳尻を合わせるかのように、このところ毎日のように雪が降っています。



 でも、すぐ融けますけどね。



 「ふきのとう」というフォークグループの歌に、


  積もらぬ雪なら 降~~るなぁ 


 という歌詞がありましたね。

 積もらぬ雪なら 降ってもいいですよ~。


 今日は税理士会の無料相談の日。


 無料相談といっても、出来上がっている申告書をひたすらチェックする仕事で、目の悪い私にとっては、一年で最もつらい仕事です。


 秋田北税務署管内は税理士が少ないので、私のような高齢者にも、容赦なく割り当てられるのですが、目と頭の疲れがひどくてなぁ。


 申告書をチェックしていると、単純なミスを発見することもあり、たとえ影響額が数千円でも直してもらうわけですね。


 数千円でも…です。


 一方で世の中には、数千万円もの裏金をもらっている人もいるそうですね。


 雑所得になるそうですが、確定申告しているのだろうか。


 意図的に税金をごまかしたら、重加算税の対象になりますよ。


 きちんと領収書を取って保管して、確定申告してくださいね。


 国民にはインボイス制度という複雑な制度が適用され、インボイスナンバーがない場合には、消費税上の仕入税額控除もできないんです。


 大変な負荷がかかっているのに、国民はまじめに真剣に丁寧に対応しようとしています。


 国民を代表している人たちには、税金に関しても、善良なる国民に対して率先して見本を示していただきたいですね。


 などと、申告書のチェックをしながら、考えているのでした。





2024年2月24日土曜日

朝鮮唐津の徳利

 ~花瓶として生きよ!~



 愛知県瀬戸市のせいれい町から、名古屋市の藤が丘へ引越ししたころなので、今から三十数年前でしょうか。


 藤が丘駅のすぐそばに、レイ・エ・ルイという名のテナントビルが建ちました(今は名前が変わっているかも…。)


 そこで陶芸作家さんの個展が行われていて、購入したのがこの徳利。




 朝鮮唐津です。


 そのころは、朝鮮唐津の意味はもちろん、織部の何たるかも知らなかったのですが、なぜか惹かれたのです。


 遠めに見ると、古陶磁としての朝鮮唐津に見えるのですが、近くで見ると、現代作家物です。



 青みがかった釉薬がいいですね。

 古陶磁としての朝鮮唐津だったら、おそらく200万円くらいはするでしょう。


 購入時から徳利として使っていれば、お酒がしみ込んで今ではしっとりとしてきたと思うのですが、残念ながら使っていませんでした。


 これからは、花瓶として使っていきたいと思います。



 
 400年もすれば、古陶磁としての朝鮮唐津になっていることでしょう。

 「昭和の後期か平成初期のものです。しかも無傷」

 「おお!」

 などと言っているかもしれませんが、そのころ私はいませんけどね。


 ところで、今の生活を根本的に変えるきっかけにしたいと思い、「パーフェクト・デイズ」という映画を見に行きたいと思っています。


 




2024年2月23日金曜日

週休三日のお知らせ

 ~最後の追い込み~


 少しでも早く農作業を開始したいので、1月2日から仕事を始め、自分を律してほとんど休みなしで今日まで。


 3月までにこなさなければならない仕事量は決まっているので、後は自分次第ですからね。


 アル中の酒量自慢のようで大変恥ずかしいのですが、今月中に土日祝日の仕事が20日くらいになりそうです。


 このままでは労基に、


 「お宅の働き方は、いかがなものか!」


 と言われかねず、いわゆる「いかがなものか問題」に直面しそうです。そのうえ


 「医師の働き方改革は徐々に浸透して改善されてきているのに、公認会計士業界はいったいどうなっているのであるか!」


 と、業界問題に発展しかねません。


 仕方がありませんね。


 長期休暇を取るのは今年は無理。来年まで待たなければなりません。


 ではでは、3月から会計事務所は、週休三日といきましょうか。

 月曜休みなんかいいんじゃないでしょうか。


 もちろんクライアント先の金融機関の決算監査の時期や、すでに年間スケジュールで会議が入っている場合等は別です。


 雪が降って農作業やゴルフができなくなる11月までの期間限定です。


 仕事もあと一息。



2024年2月20日火曜日

春の訪れを知らせる花たち

 ~オオイヌノフグリやまんさくの花~



 昨年、福岡造園さんからいただいた「まんさく」



 気が付いたら、きれいな花を咲かせていました。




 季節外れの陽気に誘われて、敷地内でいろいろな花が咲き始めています。


 この小さな花は…なんでしたっけ




 オオイヌノフグリだそうです。


 拡大してみましょうか…



 ネットで調べたところ、「春の訪れを告げる花」


 今日はまだ2月20日ですが、もう春?


 こちらはたんぽぽ。



 先日、昨年の秋に設置した、無花果のためのカラス対策の仕掛けをようやく撤去しました。


 徐々に農作業のほうも、活動を始めなければ。 





2024年2月19日月曜日

リビエラCCから嬉しいニュース

 ~松山選手 6打差逆転優勝~


 伊集院 静さんの本に、「一生に一度旅してみたいゴルフコース(世界の名門22コース)」という本があります。


 その本の74頁に、「全米一美しい谷間のコース」というタイトルで、リビエラカントリークラブのことが取り上げられているのです。


 ゴルフの帝王ジャックニクラウス曰く。


 「全米で一番短くて一番難しいホールがリビエラの10番ホールである」


 なるほど! 今年もいろいろなドラマがありました。


 そのリビエラから今朝、うれしいニュースが飛び込んできました。


 松山選手の久しぶりの優勝です。マスターズに向けて、弾みがつきますね。


 昨日の段階で7位タイ。


 何とかトップ10に入ってほしいなぁと思って、今朝寝床でスマホの画面を見たところ…

 何と松山選手の名が一番上に!


 びっくりして飛び起きましたね。


 あの15番、16番の難しいピン位置で、あそこにボールを落とす!

 完璧なショットで連続タップインバーディ!


 17番もとって、本日3回目の3連続バーディ。優勝を引き寄せました。


 「チーム だからゴルフは止められない」のメンバーも、松山選手に続こうではありませんか。



 最近仕事ばかりで休みの日がなく、かなり疲れていました。


 体の中に深く打ち込まれた「社会的使命」という名の楔を自ら取り外し、不良老人化して仕事を放り投げ、


 「もういい加減にしろぉぉ~~」


 などと叫びながら暴れてやろうと思っていたのですが…


 気を取り直して、もう少し頑張ることにします。


 



2024年2月16日金曜日

今日から確定申告

 ~ハクチョウは去っていった~


 「もう暖かくなってきたので、少し早いけど、そろそろ行ぐスカ(注:行きますか)」


 「んだすな(注:そうですね)」


 などといいながら、ハクチョウは去っていきました。



 今頃シベリアで


 「早すぎましたかな…ちょっと寒いので、また秋田に戻りますか」


 「どうしましょうかね」


 などと話し合っているかもしれませんね。



 異常気象で、私の住んでいるところも積雪ゼロ。

 今の時期で、こんなことは…あり得ない!


 もういつでも農作業ができる環境なのですが、残念ながらまだ仕事が終わっていません。



 今日から確定申告だそうですね。


 昨年から、一発決算の個人のお客様は、ほかの税理士さんを紹介し、私自身はお断りさせていただいています。


 それでも毎月見ている顧問先や、わが会計事務所、それに越山農園の決算・申告等もあり、なかなか大変なのです。



 当面集中が必要です。



 でも、猫の手は…



 借りたくありません。



 


2024年2月15日木曜日

白蝶貝

 ~屋久杉のスロテッドヘッド~


 少しですが、ギターの制作にかかわっているので、別のスロテッドヘッドを紹介します。


 こちらは屋久杉のスロテッドヘッド。



 屋久杉はすでに伐採が禁止されていますので、新たに入手するのは不可能。在庫かぎりです。




 貴重な材を使わせていただきました。



 ペグには、清楚な白蝶貝を使ってみました。



 きれいな仕上がりです。



 



2024年2月12日月曜日

スロテッドヘッドにトーチインレイ

 ~昔ながらのギターヘッド~


 ギターのヘッドの中に、縦の空洞があるもの。



 クラッシックギターに多いですね。


 アコースティックギターでも、例えばマーチンのビンテージものには、このようなヘッドのギターを見かけることがあります。

 


 ニューヨーカータイプの小振りのギターに用いられることが多いようですが、それは昔の話。


 最近は主流ではなくなり、アコースティックギターではほとんど作られなくなったようですよ。


 でも…古いものは良いのです。


 トーチのインレイが、きれいにはまりましたネ。



 糸巻も、渋めのほうが似合うでしょう。




 昔ながらのギターヘッド

 復活してほしいものです。





2024年2月10日土曜日

名古屋の友人たちと近況報告

 ~秋田の田舎からケータイで参加~


 昨日は、秋田大学の仕事で盛岡へ。

 最後に新幹線に乗ったのは、いつだったろうか?


 頻繁に名古屋~東京間を、新幹線で往復していたころが夢のようです。


 最近乗るのは、ケートラバックホーだしなぁ…。


 盛岡を通り越して東京まで行き、そのまま名古屋まで行ってしまおうか…とも思いましたが…

 着替えやゴルフバックを持っていませんでした…。


 前日の夜、監査法人時代の親しい仲間たちが、居酒屋「猪口猪口」で飲み会を行っていました。


 私は秋田の田舎からケータイで参加。


 楽しい仲間たちの会、ずっと続いてほしいです。


 最近、名古屋名物「山本屋総本家の味噌煮込みうどん」「チャオのあんかけスパゲッティソース」を購入。


 癖になる味なのです。






2024年2月4日日曜日

トルコ桔梗にバラ

 ~現代作家の鉢ですが~


 堆肥研究家が、友人から頂いたという花




 トルコ桔梗バラの花です。


 もう2週間になるのですが、美しさを保っています。


 活けてある器は、松本洋一さんの作品だったかな?…と思っていたら、堆肥研究家が、名古屋市の吹上げの骨董市で購入したものでした。


 現代作家物ですが、焼き締めの鉢で、土味がいいですね。


 この鉢が、例えば400年後に残っていたとしたら、その時の人は


 「鑑定の結果、どうやらこの作品は、平成時代前期か昭和の終わりのもののようです。しかも…無傷!」


 「おお!」


 ということになるのでしょうが、その時には私はもういないのです。




2024年2月3日土曜日

ちょっと農園の散歩に

 ~待ち遠しい春~


 連日事務所に閉じこもっての仕事は体に悪いので、農園の散歩にでも行ってきますか。


 まずはピンクレモネード区画へ…と…



 根開きはまだですが、積雪はだいぶ少なくなってきています。

 コモも大丈夫。


 マルベリーも元気そうですね。




 ではでは…無花果園へ行ってみましょう。



 今年の冬は、気温がそれほど低くなっていないので、余裕で大丈夫。

 クマの影響で、カラス対策に施したテグスの撤去もまだ。



 残った実も、本来は無花果にとっての悪い虫の越冬場所になるため、撤去しなければならなかったのですが、やはりそのままです。


 こちらはポポーの花芽。



 期待してるでね。 


 梅並木も元気いっぱい。



 今年は梅シロップをたくさん作りましょう。


 畑に行ってみましょうか。


 トマトやオクラなどの残渣はまだ未処理。



 今年の畑は、残渣の撤去からスタートしなければなりません。


 畑の無花果



 クマに引き裂かれた無花果の主幹も、まだそのままです。



 早く仕事を終えて、農作業開始といきたいところですが…


 焦らず…ゆっくりゆっくり…いきましょう。


  




2024年2月1日木曜日

李朝の油壷に椿の花

 ~今日から2月~


 早いもので今年も2月に突入しました。


 昨年同様、今年も李朝の油壷椿の花を活けています。



 椿は道端に咲いていました。

 いい壺ですな。置いてあるのは李朝箪笥の上。

 どちらもシックで、気に入っています。



 今月も仕事が込み合っています。

 

 あまり無理をすると、3年前のように帯状疱疹になってしまうし、毎年3月には疲れが出て、ひどい頭痛で数日間身動きできなくなります。


 貴重な日々を無駄にしたくありません。


 過去の反省に鑑み、今年は監査法人勤務時代のようにはアクセルを踏み込まず、ゆっくりゆっくり仕事を進めていきます。


 長年の習慣で、「頑張るな、無理するな!」と自分自身に言い聞かせるのは難しいのですが…


 せっかく秋田の田舎に移住してきたのでね。





2024年1月29日月曜日

素晴らしきギターインレイの世界

 ~雪の結晶ー続き~


 日本を代表するインレイアーティスト加藤穂高さんから送っていただいた画像です。



 ギターの指板に、貝を埋め込んでいます。



 レーザーカットではなく、手作業です。





2024年1月27日土曜日

雪の結晶

 ~ギターインレイの世界~


 ギターのヘッドに埋め込まれた、雪の結晶のインレイ。



 貝を切って埋め込んでいます。


 




2024年1月26日金曜日

怒涛の4連泊だった!

 ~久しぶりに「たつ福」へ~


 今週は月~金と出張で、ホテルに宿泊でした。

 出張といっても、秋田市ですけどね。


 ホテルに4連泊するのは、コロナ前に名古屋へ遊びに行って以来ですか。


 アルベで毎日9時~18時のあいだ会議室を借り、部屋に閉じこもって公認会計士3人が仕事していました。


 私以外のお二人は、東京から来秋。

 いずれも使命感の強い公認会計士です。もちろん私もですがね。


 普段ほとんど外食することはないのですが、せっかくなので「たつ福」へ。


 別格でした。


 2回行こうともくろんでいたのですが、残念ながら満席で1回だけでした。


 「やしち」へも行きましたが、ここは常連さんが多いようですね。


 会議室での仕事は無事終了。

 

 一息つく間もなく、週末も仕事!


 当分休みなしです。


 帯状疱疹のワクチン、打っておいたほうがいいかも。





2024年1月19日金曜日

ブラックベリービール

 ~毎日飲みたい~



 17日、羽後麦酒さんからブラックベリービールが届きました。


 タンク約200ℓ分の原料は、すべて越山農園産のブラックベリーを使っています。


 わが農園の「Maki'Ale」ブランドのビールが389本、もう半分は羽後麦酒さんブランドでの販売となります。


 早速飲んでみました!


 栓を抜いたとたん、いい香りがします。


 毎日飲みたくなるビールです。





2024年1月13日土曜日

この長芋…ただものではない!

 ~今年こそ作ってみるスか~


 黒石中学校の同級生の友人が、毎年長芋を送ってくれます。



 こんな立派な長芋、秋田のスーパー等ではなかなか見かけませんよ。


 なにしろ、皮むき器で皮をむこうとしても、なかなかむけません。


 すりおろし器ですっても、中身が詰まっていてなかなか減らないのですよ。


 もちろんとてもおいしく、長芋好きの私にとっては


 「こでらいねすな!」

 (注:うれしすぎて、何と言ったらいいかわからないです)


 となるわけですね。


 毎年、「いつかこんな長芋作ってみたい!」…と思うのですが、長芋づくりは難しそうだしなぁ。



 昨年末、男鹿に住んでいる堆肥研究家の親戚の、農家の方がやってきました。


 その時いただいたのは長芋…と思ったら、自然薯でした。

 こんな貴重なものを…ありがたいです。


 その農家の方は言います。


 「長芋作るんだったら、種芋分けてあげてもいいよ」


 「えっ!」


 ちょっとその気になったりして…。



 昨年12月31日、「チーム だからゴルフは止められない」のメンバーの、TKさんが取り寄せてくれた苗のカタログを、受け取りに行きました。


 「今年はもう作らないので…」


 と言ってTKさんがくださったのは、なんと長芋をつくる際に種芋を入れる「筒」でした。


 どうやら長芋が、私に「作れ作れ」と言っているようです。


 これはもう、今年は長芋作るしかないですな…などと、仕事の合間に考えているのです。


 長芋を植えるには、1メートルは地面を掘らなければなりません。


 スコップで掘るのはとても無理。


 バックホーの出番ですよ!





2024年1月7日日曜日

キックバックに裏金

 ~忘れてはならないこと~



 秋田に移住する前、愛知県一宮市にある「コマツ一宮センター」に通っていました。


 そこで刈り払い機操作の7時間研修を受けたのですが、操作で一番危ないのが「キックバック」だと教えてもらいました。


 刈り払い機で草を刈っていると、高速で回転している刃が、突然大きく後ろに振られてしまい、そばにいる人を傷つけてしまうことがあるのだそうです。


 キックバック! こんなところにも。



 我々の業界で、キックバックというのは、例えば


 「レストランの店長に材料仕入の全権限がある場合、高めの値段設定で食材を仕入れて会社に支払わせ、差額分を後で自分が現金でもらって懐に入れる」


 というようなことを言います。

 いわゆる裏リベート!


 レストランだけでなく、どこの会社や学校でも起こり得ることで、事例としてはかなり多いでしょう。


 一方「裏金」



 「カラ出張やカラ残業、あるいは架空経費で書類を偽造し、支払ったことにしてお金を作り、個人で着服する、あるいは組織的に行っている場合はそのお金をプールしておいて、自分たちの飲み食いに使う」


 という、こちらもよくある話で、一般事業会社だけでなく、自治体でも行なわれた例があるようです。


 キックバックや裏金は、税務調査における「反面調査」で発見されることが多いようですが、会計監査で分かることもあります。



 新聞によると、政治家のキックバックや裏金は、過去5年間だけで約6億円になるそうです。


 5年分といわず、時効になった分も含めて自主的に返納してもらって、震災復興財源として少しでも役立ててもらいたいものです。






2024年1月2日火曜日

越麻呂日記 2024年スタート

~仕事始め~


  
 昨日の突然の地震で被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 早めに農作業をスタートさせたいので、今日は我が会計事務所の仕事始め。


 当分の間休めませんが、特に問題なし。


 生きていることのありがたさを実感しながら、


 越麻呂日記、今年もスタートです。