カテゴリリンク

2020年9月23日水曜日

秋の収穫祭ーイチジク

 ~稲刈りの時期に~

 


 イチジクの収穫が徐々に始まりました。イチジクは稲刈りの時期に収穫できるようになるそうですね。


 最初は散歩がてら1日おきに30~50個くらいでした。


 食べるぞ!と思ったら、堆肥研究家が段ボール箱を取り出します。秋田の友人に持っていくそうです。


 一昨日も50個くらい収穫。これは今朝、この町の友人に持っていきました…。最近あちこちに配っているようです。


 生イチジクのおいしさを、秋田の人にも知っていただかなければなりませんからね。


 ならば自分のために…今見回りがてら、かごを持参して収穫に行ったところ、いい感じで実が大きくなり始めています。


 かごに入りきらずこぼれ落ちてしまうので、残念ながら途中で引き返しました…もっと大きいかごをもっていけばよかった。

 とても食べきれないので、イチジクジャムを作ります。


 Maki'sジャムシリーズイチジク編です。


 美味しいですなぁ~~。


 お一ついかがでしょうか!



2020年9月16日水曜日

絶景 イチジク園

 ~収穫の秋へ~


 梅並木のあたりを散歩してたら、目の前に巨大なイチジクが落ちていました…。


 「お前さん、なんでそこにいるの?」


 よく見ると、イチジクは食べかけでした…。


 イチジク園に行ってみると、目の前を大きなイチジクをくわえたカラスが低空飛行で飛んでいきます…。みあげた根性です。許してあげましょう。


 最近越山農園に来客がよくありますが、農園を見学された方々は、イチジク園を見ると感動されます。


 イチジクの樹は、今年もさらに一回り大きくなりました。


 昨年は、一昨年植えたバナーネの一部に立派な実が付き、1,200個程収穫できました。


 今年は昨年実がつかなかったイチジクの樹にも実が付き、昨年実が付いた樹にはさらにたくさんの実がついています。5千個くらいを見込んでいます。


 越山農園のカラス対策はただ一つ!


 「食われる前に採る!」


 です…。


 でも、今年のカラスは、


 「食われる前に採るその前に食う!」


 という新たな戦略を考え付いたような気がします。収穫に行くと、かなり食べかけの実があります。そうであるならば、私としても


 「食われる前に採る、その前に食われる前に…」きりがないですか。


 イチジクは、完熟したのはほんとにおいしいのですが、やむをえません。早めに収穫します。


 でも、1~2日待っていると熟してきて、とてもおいしいイチジクになります。


 イチジクは、前年伸びた枝に夏果がつき、今年の新梢に秋果が付きます。従って、剪定次第で夏果も収穫できます。


 今年は欲張って、夏果も収穫できる剪定を試みましたが、おかげで剪定が甘くなってしまい、枝がどんどん伸びてイチジクの樹が巨木化してしまいました。


 来年に向けての反省点です。


 せっかくなので、越山農園の他のみんなも紹介しましょう。


 ポポーのあずさ君です。大きく成長しましたよ。


 ポポーの実も膨らんできました。

 でも収穫するタイミングがわかりませんけど。


 畑では、「なんとす落花生」が、今年も大変な状況です。


 これ…いったいどうすんのよ?


 サツマイモは、10月の収穫に向けてさらに成長中です。

 実りの秋ですなぁ。満足満足。



2020年9月11日金曜日

ニラと蝶

~ニラの花に飛び交う蝶いろいろ~


 昨日の夕方、顧問先の伝票をチェックしていたら、目がかすんで見えなくなりました。

 少し休憩してまた見始めたところ、やはりかすんで見えません。


 あきらめて早めに床に就き、今朝は早朝4時に起きて続きを開始。


 午後は顧問先2件…ダブルヘッダーです。


 秋田県内の人口5千人に満たない小さな田舎町に、どうやら公認会計士がいるらしいですよ…ということなのでしょうか…。


 ここのところ生活が一変してしまいました。


  さて、堆肥研究家が畑に出かけたところ、「ニラの花の周りで、いろんな種類の蝶が遊んでいる」ということでした。


 「キアゲハだけでなくクロアゲハや、なんとアサギマダラのようなものまで、いろんな種類の蝶がいるそうです。


 アサギマダラですと!


 午後仕事に出かける直前にカメラを持ち出し、ほんの5分ばかり写真を撮りました。


 残念ながらアサギマダラやクロアゲハはいませんでしたが、とりあず3種類だけカメラに収めました。


 こうなったら、意識してシャッターチャンスを見つけるようにしますか。


 それにしても、ニラの花はきれいですな。




2020年9月6日日曜日

キアゲハ

 ~越山農園で見かけた蝶~


 私は花の名前や蝶の名前はよくわからないのですが、とてもきれいなので心が和みます。


 越山農園ではいろんな珍しい蝶を見かけます。


 ケータイやカメラを敷地内でいつも持ち歩いているわけではないので、きれいな蝶がいてもカメラに収めることはできません。


 でも今日は、ケートラから降りた瞬間発見したので、うまくケータイのカメラに収めることができました。


 堆肥研究家に見せたところ、「キアゲハ」ではないかといいます。たぶんそうでしょう。


 アサギマダラらしき蝶も見かけるのですが、いつかカメラに収めたいものです。


 でも、そっと鑑賞しているほうがいいのかもね。



2020年9月4日金曜日

目から鱗のバックホー

 ~腰が悲鳴を上げていた~


 秋田に移住してきて7年目。この2年間でずいぶん仕事が増えましたなぁ…。


 秋田の小さな田舎町に引っ込んで、土と戯れながら誰にも知られずに密かに生きていこうと思っていました。


 でも…どうもそういったわけにはいかなくなってきたようです。こうなったらとことん行けるところまで行ってみますか。


 今年の春、果樹を134本植えました。バックホーを借りて大きな穴を掘り、そこに運搬機で堆肥を埋めていきました。


 1本の果樹を植えるまで、運搬機に大盛4~5杯必要でした。


 運搬機に完熟馬糞堆肥を積み込むのは、スコップでの手作業です。


 ここ5~6年の無理な労働がたたり、腰が痛いので、立ったまま腰をかがめてスコップを使うことはもうできなくなっています。


 初めから両膝を地面につき、腰に負担をかけないよう腕だけで堆肥を運搬機に投入します…とてもかっこ悪いですが、仕方がありません。


 余談ですが、ゴルフでティーをさすときも片膝をつき、グリーンを読むときも気が付いたら両膝をついていました。


 ゴルフ仲間からは、「まるで懺悔しているようだ」とも言われていました…自然に腰をかばっていたのです。


 もう植樹が終わろうとして、明日にでも借りていたバックホーを返却しようとしていた日、桜田畜産の社長がやってきて、私の作業を見て言いました。


 「な~にやってらなや?…(なんでそんな強制収容所で働く労働者のようなことをやっているのよ?」


 「すったごどやってれば、腰いだめるべせ~(そんな作業を無理してやっていたら、腰を痛めて廃人になってしまいまっせ」


 「バックホー使えばええがね!」……「ええがね!」とはいいませんでしたか…(バックホーを使って、運搬機に堆肥を投入すればいいでしょ!」


 あっ!…そうなんだ。


 まさしく目から鱗でした。でも明日バックホー返すんですけど…😢。


 思えば最初の4年間は、スコップと一輪車で堆肥を運んでいました。


 その間毎年スコップで100個ほどの穴を掘り、一輪車に堆肥を積んで運んでいました。一昨年は大きな穴を110個…「百獣の王」などと馬鹿なことを言っていました。


 堆肥置き場から一番遠い所まで約100ヤード。


 地面がぬかるんだり凸凹だったりするので、長いべニア板を数十枚購入してつなぎ合わせて道を作り、一輪車でひたすら実直に堆肥を運んでいました…。


 運ぶべし!運ぶべし!運ぶべし!…若かった…体力がありました。


 でも、さすがに腰が悲鳴を上げていました。


 昨年、ついに運搬機を購入!でも…運ぶという作業は楽になりましたが…運搬機に堆肥を投入する作業は、スコップです…年間数十トン。


 この秋から冬にかけて、また堆肥を投入しなければなりません。


 もういいんじゃないでしょうか。


 腰がダメになったら、本業もできませんぜ。


 いよいよ決断の時が来たようです。



2020年8月29日土曜日

謎の野菜?

 ~瓢箪のようなもの~



 昨日、6月決算法人の確定申告書の提出が無事終了。一安心です。


 県から依頼されていた業務も集中的にこなさなければならなかったこともあり、7月・8月はずいぶん忙しかったです。


 今年もお盆休みはありませんでした。まぁなくてもいいですけどね。


 そういえば昨日で秋田に移住してまる6年。今日から7年目がスタートします…。早いもんですな。


 最近は生活が一変しましたな…ブログでの語りもずいぶん年寄りじみてきましたかな…フガフガ…あ!違いますね。


 さて一昨日、コマツの営業の方とバックホーの打ち合わせを行った後、あわただしく秋田市へ。高校野球関係の仕事の件です。


 結局、弟の税理士事務所と役割分担をおこない、一緒にやることにしました。AKTnetの活用です。


 AKTnetとは、「A…秋田 K…越山 T…タックス ネットワーク」のことです。


 アライアンスを組んでいるのは3人の越山税理士。みんな独立心が強く、


 「わしら、自分の好きなように仕事やりますケン」


 という税理士ばかり。


 私の事務所には対応できない、あるいは対応しない仕事もありますが、弟の税理士事務所はいわゆるワンストップショッピング」


 なんでもこなせるので助かります。


  さて、毎朝私が仕事で出かけるたびに、玄関においてあるこの野菜が気になります。



 瓢箪のようでもあるし、ヘチマのようでもあるし、カボチャのようでもあります。あとで堆肥研究家に聞いてみます。


 そういえば先日NHKのアナが、火球のことを「赤い玉のようなものが…」と何度も繰り返し言うので、大笑いしました。


 今日はこの後、4月にお話をいただいた仕事の契約書を作成しなければなりません。


 黒にんにくも作らなければならないし、これにパプリカを加え、


 夏野菜カレーも作ります。


 さりげなく書いたけれど、バックホーも検討しなければ…。




2020年8月25日火曜日

今年も田んぼアート

 ~枝豆購入の帰りに~


 今朝の魁新聞に、八郎潟町の田んぼアートが載ってましたね。


 私が撮った写真が上の画像です。先日行ってきました。


 昨年、八郎潟町にある農事組合法人「ファーム夢未来」の代表をご紹介いただき、朝採りの新鮮な枝豆が手に入るようになりました。


 あまりにおいしいので、昨年は1キロ入りの枝豆を併せて確か40袋くらい購入し、名古屋をはじめあちこちに配りました。


 今年もすでに2回購入。この後秘密のルートからもう2回連絡があります。


 ファーム夢未来では、枝豆は20種類くらい作っているらしく、例年「香り五葉」が最後で一番美味しいといわれています。


 今年は「晩酌」というのが特においしいそうですよ。この2種類をまとめ買いしましょう。


 先日、枝豆購入の帰りに田んぼアートを見に行くことにしました。


 昨年は「なまはげと秋田こまち」でしたが、今年は新型コロナの影響があるので、やっているだろうか…と思いながら。


 やっていました!今年は盆踊りでした。

 

 田舎館の田んぼアートに比べると、精緻さで劣るかもしれませんが、田んぼを含めた全体の景観では、こちらが勝っていると思います。

 でも…だれもいませんでした。もったいない。


 さて今日はこれから6月決算法人の確定申告のけりをつけなければなりません。なにしろ大きい法人なので、資料が膨大です。


 終わったら、高校野球関係の仕事の話を聞きにいかなくては!



2020年8月23日日曜日

高校野球に関わる?

 ~思いがけない依頼~

 

 昨年から急に仕事が増え始めました。


 今年に入ってからも、先日拙ブログにも書いたように、7月には秋田県を代表する企業のひとつがクライアント先に加わり、9月からは秋田県を代表する大学で仕事をすることになりました。


 福猫ハナちゃんとたろにゃん君のおかげですよ!



 ということで、今後新規に仕事の依頼を受ける際の「受嘱基準」は、次のように変更しました。つまり


・興味を引くような面白い仕事であること

・秋田県民のためになること

・使命感を実感できる仕事であること

・難しい仕事であること

・その業務の年間稼働日数がおおむね50日以内であること


 を総合的に判断して、受嘱するかどうかを決めることにしています…あまり変わらないけど…最後の1行が加わりましたか…。


 でも、これだけはどうしても自分がやらなければという場合は、50日超えても可です。


 そして一昨日、秋田県の高校野球界の方から電話がありました。たまたま今年の冬にもお会いしていた方でした…仕事の依頼でした。


 高校野球ですと?


 高校野球といえば、私は小学校の低学年のころから高校野球の大ファンで、高校野球史を飾る数々の名場面を、この目で実際にリアルタイムで見てきた(テレビですけど)、いわば「生き証人」なのです。


 三沢高校対松山商業の試合も見ていました。当時は青森県の黒石市に住んでいたので、三沢高校は県代表でしたからね。


 秋田県にもいいピッチャーがいましたな。


 「4藤打線」の秋田商業を率いて大活躍(たしかベスト8)した山岡投手。その後の高山投手の速球は印象的でした。今でもプロの世界でコーチとして活躍されているそうですよ。


 経大付属の松本投手や中川投手もいましたね。それにもうお亡くなりになった工藤投手。PL学園と準決勝で名勝負を演じた水沢投手や、足を高く上げた高松投手もいました。


 面白そうですね。秋田県民のためにもなりますな。


 いまやっている確定申告書関係書類の作成が一段落したら、詳しくお話を伺ってみましょう。


 おや?向こうで堆肥研究家が何かやっていますよ。

 梅干を作っていたようです。

 今年の7月に収穫した梅の残りと

 自家製の赤紫蘇です。

 最近気温が高く、今週も晴天が続きそうです。


 絶好の梅干日和のようです。



2020年8月17日月曜日

フルーツトマトのようなもの

 ~今年も豊作!ミニトマト~


 子供のころ、「バールのようなものでこじ開けて、家に侵入した」というニュースをよく聞きました。


 「バールのようなもの」…なんだろう?


 当時インターネットがなかったので、辞書で調べました。バールはわかりましたが、バールのようなものとは??


 最近ラジオで耳にしたのは、「拳銃のようなもので腹を数発撃たれ、病院に搬送された」…といった内容です。


 拳銃ではないけれど、なにかこう…ん~~…それに近いもの…。


 腹に数発の鉛球をめり込ませ、一部貫通させてしまうものが、拳銃以外にあるのだろうか?


 そういえば作家の清水義範さんが、「バールのようなもの」というタイトルの本を書いているのを読んだ記憶があります。もう一度読んでみましょうか。


 さて、越山農園「フルーツトマトのようなもの」です。


 種から育てた普通のミニトマトですが、これがとてもおいしい!


 スーパー等で売っているのとは、味が全然違います。なぜでしょう?それは


 「企業秘密」です。


 フルーツトマトは、市民市場で売っていますが、1個250円でした。とても購入できません。


 でも越山農園の「フルーツトマトのようなもの」は、もう無数にあります。今の時期、いくらでも食べ放題。今朝もこれくらい収穫。

 手を伸ばせば届くところに、こうして置いています。


 特に黄色がおいしいですな。

 あちこちにお分けしているのですが、評判いいです。ただ残念ながら、持っていく時間がないのです。


 昨年は食べきれず、ずいぶんダメにしてしまいましたが、一部「ピューレのようなもの」を作って冷凍保存していました。今年になって解凍してソースとして利用したら、とてもよかったです。


 今年は「ピューレのようなもの」をたくさん作りますか。


 おっと、いつまでのブログのようなもの書いていないで、そろそろ仕事です。



2020年8月8日土曜日

蓬莱柿

 ~寒さに強いイチジク~


 来月からですが、秋田県民であれば、小さな子供からお年寄りまで誰でも知っている大学で仕事をすることになりました。


 名古屋で監査法人に努めていた際に、愛知教育大学など国立大学法人の監査をやっていたことがあるので、お役に立てるのではないでしょうか。


 これで私のクライアント先等は、金融機関から地方自治体・国立大学法人に医療法人、それに一般財団法人や農業法人などで、しかも監査やアドバイザリーサービスが中心。

 これぞれ適用される会計基準も異なります


 秋田では後発の会計事務所のため、一般企業のクライアント先はあまりありません。でも、


 なんでもこなしまっせ!


 6年前の8月27日、秋田に移住してきた際は、仕事のあてはありませんでした。


 果樹園でもやりながら畑を耕して野菜を収穫し(今朝採れた野菜)、


土と戯れ、


 「起きたいときに起きて腹が減ったら飯を食い、働きたいときには帳面でもつけて、細々と生計を立て、夜はビールを飲んで、眠くなったら寝る」


 という生活を夢見ていました。


 いまでも私のブログの読者や、果樹園・畑にいるときなど、


 「越麻呂さんの生活は、好きなことをのんびりやっていて、うらやましいですなぁ」


 などと言われることもありますが、農家としての姿は、「世を忍ぶ仮の姿…」。


 それはさておいて、イチジクです。


 春先、102本あるイチジクのうち、20本ほど野生動物…おそらく野兎にやられました。


 雪が少なかったので、イチジクにとってはよかったと思っていたのですが、野兎にとっては好都合。


 やられたのは、2年前に凍害にあって、根元から主幹を切ったイチジクで、その後なかなか成長できなかった背丈の低い弱いイチジクが中心でした。


 芽が鋭利な刃物で切られ、樹皮が生皮をはがされたような状態で、見るも無残。前年の秋に堆肥をたくさん投入したばかりだったのに。


 20本のうち、9本は主幹ではなく横の太い枝だったため、切り落とすか補修して治療。


 7本は明らかにだめで、残念ながらバックホーで撤去。4本は主幹を補修しましたが、どうも現状では厳しいかも。


 ということで、来年イチジクをさらに植えます。


 今まで何もわからず、いろんな種類を植えてきましたが、和製イチジク「蓬莱柿(ほうらいし)」がどうやら寒さに強いようで、秋田でも大丈夫なようでした。


 時間を買うために、こちらも3年物の大苗を20本…と思いましたが、3年物は16本しか手に入らないようで、残りの4本は2年物。


 これで来年植える果樹の苗木は、ブルーベリーとあわせ、今のところ99本。


 どちらが「世を忍ぶ仮の姿」なのか…わからなくなってきました。



2020年8月1日土曜日

ピンクレモネード

~多品種果樹園の真骨頂~


 秋田県民であれば、お年寄りから子供まで誰でも知っている会社が、新たにクライアントに加わりました。


 高いレベルの内容を要求される業務ですが、名古屋に住んでいた時に長年監査を行っていた業種ですから大丈夫。


 「仕事はもういいんじゃないですか?」と言われることもありますが、仕事に関しては、ある面使命感を持ってやっているので、目の前にいい仕事の依頼があれば当然引き受けます。まだ大丈夫。


 さてもう8月。来年の話を少し。


 果樹の苗を植えるのは、今年こそ最後にしようと思っていました…でも、ブルーベリーがとても面白いのですよ。


 ブルーベリーはあまり場所を取らないので、一部ヤブカラシにやられたラズベリーの後に植えることにしました。当初考えていたのは50本くらい。


 いつものHPを覗いてみます。いろんな種類があります。

 ん?…ピンクレモネード?


 面白そうですね。値段もブルーベリーの苗の中では一番高いようです。


 通常ブルーベリーは青紫色をしています。でもピンクレモネードは名前のとおり、なんと「ピンク色」なのです!


 ブーム到来を予感させます。


 10本購入するつもりで、カートに入れます…「在庫量をオーバーしています」というメッセージ。


 仕方がないので、1本1本減らしていきます。4本になってやっとはいりました…少ない。


 普通ならここであきらめるのでしょうが、私はあきらめません。店長に直接メールで問い合わせます。「もっと手に入りませんか?」


 しばらくして返信がありました。苗を作っている農家に問い合わせしたところ、後40本手に入るそうです。おお!そうですか。


 普通ならここで追加で6本購入予約をするところですが、この場合の私の答えはただ一つ。


 「40本全部ください!」


 結局時間を買うために、3年物の苗合計79本購入。すべて北国でも育つノーザンハイブッシュ系です。内訳は


・ピンクレモネード…44本
・チャンドラー(一番オーソドックス)…20本
・コリンズ(最もおいしいといわれている)…10本
・パトリオット…5本(こちらはこれしか入荷しないそうです)


 まだまだ仕事をやめるわけにはいきそうもありません。



2020年7月22日水曜日

コガネムシ大発生

~ブドウ全滅…ポポーは?~


 毎年ラズベリーがコガネムシに葉を食べられてしまい、たくさん収穫できていませんでした。


 昨年は、スモモやアンズ・プルーンを植えてある区画もコガネムシにやられたので、来年は事前に何とかしなければ…と考えていたはずでした。


 堆肥研究家が靭帯損傷で動けず、私が仕事で忙しかったこともあり、果樹の見回りをおろそかにしていました。油断しました。


 久しぶりにブドウ区画に行ってみてびっくり。葉にコガネムシが密集していて、もう手の施しようがありません。

 葉は食い尽くされ、葉脈しか残っていませんでした。全滅です。


 3年物の大苗を購入したので、もしかして今年実が付くかも…と期待していたのですが…。テーラーメイドのSIMドライバーをあきらめてまで購入したのに!残念です。


 幸い幹は生きているので、来年は何とかします。

 
 そばにあるサルナシに目をやると、サルナシもかなりやられていました。数少ない栗もひどい状況。ラズベリーはもちろんマルベリーやポポーにまで。


 肝心のポポーの実は大丈夫だろうか。


 春先こんな状況でしたが、


 その後徐々に成長し、


 今ではこんな感じ。



 油断しないで、見守っていきます。