カテゴリリンク

2018年6月21日木曜日

梅酒2018

~二日がかりで25升分~


 今年は大規模剪定の影響か、梅の実がたくさん生りました。


 梅肉エキスもいいですが、主力はやはり梅酒です。エスペランサ村特製梅酒です。


 来年もこれだけの梅が収穫できるかどうかはわからないので、多めに作っておきましょう。


 アマノへ行って、8ℓ瓶5個と5ℓ瓶7個(例の赤いフタのついているやつ)、それにホワイトリカー1.8ℓ入りの箱24個にブランデー1.8ℓ分、氷砂糖15キロを購入。

 製作開始です。


 二日目は、能代からお客さんがおひとり、途中から八郎潟町の堆肥研究家の叔母が梅の収穫体験に来ました。



 それぞれバケツ1杯分ぐらい収穫していただきました。楽しんでいただけたでしょうか。


 収穫した梅は、大きなタライに入れて丁寧に洗った後、1~2時間くらい水に浸けてあく抜きします(必要ないかも)。


 その後丁寧に一個一個布巾で拭いてヘタを取り、瓶に氷砂糖と交互に入れて最後にホワイトリカーを入れて出来上がり。


 ホワイトリカーと


 ブランデーです。


 うわっ!うまそう。すぐ飲みたいけど…我慢しますか。


 教科書的に適量の配合が書かれていますが、エスペランサ村特製梅酒は、もちろん「梅多め」です。


 最後にラベルを貼っておきましょうね。


 1年と言わず、3年でも5年でも10年でも熟成させますケン。




2018年6月19日火曜日

これで一株

~膨張するラズベリー~


 今の時期は果樹も成長しますが、同時に雑草もすごい勢いで伸びてきます。


 昨年は、ラズベリーがツルに絡まれてひどい目に合ったので、今年は早めに対応してあげましょう。


 生長著しいラズベリーです。


 2年前に植えた時は、小さなポットに入った高さ20センチくらいの1本の苗でしたが、今はこうです。


 どうでしょうか…これで一株です。予想外です。


 アケビとサルナシの棚を囲むベリーストリート


 そしてこちらは、畑へ向かって200ヤードほど伸びるベリーストリート。


 面白い!実に面白い。


 土が良かったのか、苗が良かったのか、手間をかけたのが良かったのか、よくわかりません。

 そもそもこんなに大きくしちゃっていいのかどうかも…剪定すべきですか?


 でも、実がいっぱいつきそうなことは間違いないようです。




2018年6月18日月曜日

ジャガイモの花

~畑に彩りを添える薄紫の花~


 昨日はエスペランサ村を見学したいということで、来客が2名。楽しんでいかれました。


 今週も来週も訪問客の予定があり、だんだんにぎやかになってきましたね。来週は6名の団体さんです


 畑のジャガイモに花が咲いています。


 「珍しい色ですね」と訪問客。


 ジャガイモの花の色はいろいろあるのでしょうが、白が多いでしょうか。エスペランサ村のジャガイモの花の色は、ムラサキです。


 第二区画では、ブラックベリーに花が咲き始めました。


 今年も順調のようです。


 おや!スモモプルーン露茜にたくさん実が付き始めていますね。


 植えてから4年目。


 努力が報われる思いです。



2018年6月17日日曜日

新玉ねぎ

~今の時期限定~


 今年はどうも全体的に気温が低いようですね。育ちがあまり良くないと聞いています。


 でもエスペランサ村は今のところ大丈夫。玉ねぎの収穫時期を迎えました。


 よくスーパー等で売っている、表面が茶色い玉ねぎは、長期保存のために収穫後乾燥させてあるものです。生ではあまり食べません。


 でも収穫時期を迎えた玉ねぎは、新玉ねぎと言って生で食べられます。葉もネギと同様に食べることができます。


 畑の土からは新玉がたくさん顔を出していますので、お好みのものを選んで家へ持ち帰ります。

 今日は、これです。


 切って水に浸けて辛みをやわらげ、かつをぶしを振りかけてその上に生卵の黄身を落とし、しょうゆをかけて食べるのです。


 あるいは、ツナマヨで絡めて食べます。おいしくて、申し訳ない。


 今の時期限定なのです。


2018年6月14日木曜日

エスペランサ村特製梅肉エキス

~時間をかけて手作りで~


 昨日ついに業務用冷凍庫が届きました。


 今はまだ主に空気を零下20°で冷やしているだけですが、そのうち冷凍庫をいっぱいにしてやりましょう。


 うまくいけば、「もっと大きい冷凍庫を追加だぁ!」といきたいところですけどね。


 さて、私が本業で忙しくしている間に、堆肥研究家が梅肉エキスを作り始めました。


 本格的な梅の収穫は、今月末から来月にかけて行う予定ですが、梅肉エキスにする梅は、まだ青い若い梅がいいのだそうです。


 とりあえずポリバケツ一つ分採ってきました。


 まだ小ぶりですが、なかなかいい梅ですね。完全無農薬です。


 これを丁寧に洗って、タオルで拭いて水けを取ります。


 さぁて、これからが大変。これだけの梅を、一個一個手ですりおろしていきます。ゴリゴリゴリ…。


 私がベッドに入っても、音は聞こえてきます。ゴリゴリゴリ…。


 すった梅を集めてタオルで絞り、土鍋に梅の汁を貯めていきます。


 たまった梅の汁を、時間をかけてコトコト煮詰めていきます。コトコトコトコト…。


 やっとできました。



 あれだけあった梅の実から、たったこれだけです。

 ラベルを貼って出来上がり。梅肉エキスは、万能薬なのです。


 ただ時間との戦いです。あと何瓶作れるだろうか?


 私も手伝わなくては!




2018年6月9日土曜日

巨大レタス

~冷蔵庫に入らない?~


 畑もそろそろ収穫に入りつつあります。


 いつも一番早いのはスナップエンドウ君でしたが、毎年「早ければいいのか!」という批判があったせいか、今年は遠慮がちでした。


 変わって華々しく先頭を切って登場したのは、レタスさんです。


 どうやらここの土が合っているようですね。とても立派に育っています。


 ただ困ったことに、丸ごとだと冷蔵庫に入り切りません。


 食べ応え十分です。




2018年6月7日木曜日

畑がすごい

~畑だって生長する~


 監査の仕事が一段落し、やっと次の仕事に取りかかることができます。


 この間にも、畑のほうではどんどん作業が進んでいたようです。もう趣味の領域を超えているので、なかなか大変です。


 忙しすぎる理由の一つが、こだわりを持ちすぎること。

 例えばこれ。草マルチです。


 よく見てください。堆肥研究家のこのこだわりよう。私も見てびっくり!


 一般的にマルチと言えば、黒くて長いビニールシートのようなものを敷いて、空けてある穴の中に苗を植えていくのですが、エスペランサ村の畑ではビニールマルチを使いません。


 敷地内や近くの空き地に、刈り取った草がたくさんあるため、一輪車で何度も何度も往復して運んでくるのです。


 草マルチの中にはクモがたくさん住んでいて、害虫を退治してくれますし、クモもカラスから身を守ることができるのです。お互いさまです。


 おお!じゃがい君ももいい感じになってきましたね。


 ネットにはキュウリでしょうか。


 玉ねぎもうまくいったようだし、ニンニクもそろそろ枯れてきたので、今月中には収穫できるでしょう。


 第二区画のバラ系の果樹たちも元気なようですね。Fさんが乗用草刈機を使って草を刈ってくれました。


 私も安心して、次の仕事に取りかかりましょうか。