カテゴリリンク

2020年8月8日土曜日

蓬莱柿

 ~寒さに強いイチジク~


 来月からですが、秋田県民であれば、小さな子供からお年寄りまで誰でも知っている大学で仕事をすることになりました。


 名古屋で監査法人に努めていた際に、愛知教育大学など国立大学法人の監査をやっていたことがあるので、お役に立てるのではないでしょうか。


 これで私のクライアント先等は、金融機関から地方自治体・国立大学法人に医療法人、それに一般財団法人や農業法人などで、しかも監査やアドバイザリーサービスが中心。

 これぞれ適用される会計基準も異なります


 秋田では後発の会計事務所のため、一般企業のクライアント先はあまりありません。でも、


 なんでもこなしまっせ!


 6年前の8月27日、秋田に移住してきた際は、仕事のあてはありませんでした。


 果樹園でもやりながら畑を耕して野菜を収穫し(今朝採れた野菜)、


土と戯れ、


 「起きたいときに起きて腹が減ったら飯を食い、働きたいときには帳面でもつけて、細々と生計を立て、夜はビールを飲んで、眠くなったら寝る」


 という生活を夢見ていました。


 いまでも私のブログの読者や、果樹園・畑にいるときなど、


 「越麻呂さんの生活は、好きなことをのんびりやっていて、うらやましいですなぁ」


 などと言われることもありますが、農家としての姿は、「世を忍ぶ仮の姿…」。


 それはさておいて、イチジクです。


 春先、102本あるイチジクのうち、20本ほど野生動物…おそらく野兎にやられました。


 雪が少なかったので、イチジクにとってはよかったと思っていたのですが、野兎にとっては好都合。


 やられたのは、2年前に凍害にあって、根元から主幹を切ったイチジクで、その後なかなか成長できなかった背丈の低い弱いイチジクが中心でした。


 芽が鋭利な刃物で切られ、樹皮が生皮をはがされたような状態で、見るも無残。前年の秋に堆肥をたくさん投入したばかりだったのに。


 20本のうち、9本は主幹ではなく横の太い枝だったため、切り落とすか補修して治療。


 7本は明らかにだめで、残念ながらバックホーで撤去。4本は主幹を補修しましたが、どうも現状では厳しいかも。


 ということで、来年イチジクをさらに植えます。


 今まで何もわからず、いろんな種類を植えてきましたが、和製イチジク「蓬莱柿(ほうらいし)」がどうやら寒さに強いようで、秋田でも大丈夫なようでした。


 時間を買うために、こちらも3年物の大苗を20本…と思いましたが、3年物は16本しか手に入らないようで、残りの4本は2年物。


 これで来年植える果樹の苗木は、ブルーベリーとあわせ、今のところ99本。


 どちらが「世を忍ぶ仮の姿」なのか…わからなくなってきました。



2020年8月1日土曜日

ピンクレモネード

~多品種果樹園の真骨頂~


 秋田県民であれば、お年寄りから子供まで誰でも知っている会社が、新たにクライアントに加わりました。


 高いレベルの内容を要求される業務ですが、名古屋に住んでいた時に長年監査を行っていた業種ですから大丈夫。


 「仕事はもういいんじゃないですか?」と言われることもありますが、仕事に関しては、ある面使命感を持ってやっているので、目の前にいい仕事の依頼があれば当然引き受けます。まだ大丈夫。


 さてもう8月。来年の話を少し。


 果樹の苗を植えるのは、今年こそ最後にしようと思っていました…でも、ブルーベリーがとても面白いのですよ。


 ブルーベリーはあまり場所を取らないので、一部ヤブカラシにやられたラズベリーの後に植えることにしました。当初考えていたのは50本くらい。


 いつものHPを覗いてみます。いろんな種類があります。

 ん?…ピンクレモネード?


 面白そうですね。値段もブルーベリーの苗の中では一番高いようです。


 通常ブルーベリーは青紫色をしています。でもピンクレモネードは名前のとおり、なんと「ピンク色」なのです!


 ブーム到来を予感させます。


 10本購入するつもりで、カートに入れます…「在庫量をオーバーしています」というメッセージ。


 仕方がないので、1本1本減らしていきます。4本になってやっとはいりました…少ない。


 普通ならここであきらめるのでしょうが、私はあきらめません。店長に直接メールで問い合わせます。「もっと手に入りませんか?」


 しばらくして返信がありました。苗を作っている農家に問い合わせしたところ、後40本手に入るそうです。おお!そうですか。


 普通ならここで追加で6本購入予約をするところですが、この場合の私の答えはただ一つ。


 「40本全部ください!」


 結局時間を買うために、3年物の苗合計79本購入。すべて北国でも育つノーザンハイブッシュ系です。内訳は


・ピンクレモネード…44本
・チャンドラー(一番オーソドックス)…20本
・コリンズ(最もおいしいといわれている)…10本
・パトリオット…5本(こちらはこれしか入荷しないそうです)


 まだまだ仕事をやめるわけにはいきそうもありません。



2020年7月22日水曜日

コガネムシ大発生

~ブドウ全滅…ポポーは?~


 毎年ラズベリーがコガネムシに葉を食べられてしまい、たくさん収穫できていませんでした。


 昨年は、スモモやアンズ・プルーンを植えてある区画もコガネムシにやられたので、来年は事前に何とかしなければ…と考えていたはずでした。


 堆肥研究家が靭帯損傷で動けず、私が仕事で忙しかったこともあり、果樹の見回りをおろそかにしていました。油断しました。


 久しぶりにブドウ区画に行ってみてびっくり。葉にコガネムシが密集していて、もう手の施しようがありません。

 葉は食い尽くされ、葉脈しか残っていませんでした。全滅です。


 3年物の大苗を購入したので、もしかして今年実が付くかも…と期待していたのですが…。テーラーメイドのSIMドライバーをあきらめてまで購入したのに!残念です。


 幸い幹は生きているので、来年は何とかします。

 
 そばにあるサルナシに目をやると、サルナシもかなりやられていました。数少ない栗もひどい状況。ラズベリーはもちろんマルベリーやポポーにまで。


 肝心のポポーの実は大丈夫だろうか。


 春先こんな状況でしたが、


 その後徐々に成長し、


 今ではこんな感じ。



 油断しないで、見守っていきます。



2020年7月18日土曜日

すったげニンニク

~過去の経験に学ぶ~


 ぎっくり腰はなかなか治らないので、昨日・今日と机に向かって仕事。ゴルフは面白いし農作業は楽しいですが、仕事も充実感があっていいですな。


 そういえばニンニクのことを書くのを忘れていました。

 越山農園「すったげニンニク」です。


 いいネーミングだと思います。マネしないでね!


 秋田弁で「すったげ」あるいは「しったげ」とは、名古屋弁でいうと「どえりゃあ」と同じ意味です。英語では「ベリーマッチ」でしたっけ?


 秋田弁で「すったげんめや」を名古屋弁でいうと「どえりゃあうみゃーでかんわ」ですか?どこかで書きましたね。


 ニンニクは、初年度に収穫したときはどうしていいかわからず、そのままにしていたらカビました。


 2年目は少なすぎました。確か200個くらい。


 そして3年目の昨年、千個に挑戦。


 終盤までうまくいったのですが、収穫間近で一部さび病にやられ、最後のひと伸びが足りませんでした。でも十分うまくいきました。


 そして今年。完璧です。


 どうだ!
 

 収穫したてのニンニクを、油で素揚げにしたり、塩コショウで炒めて食べるとたまりませんな。ビールのつまみにピッタリ。


 あちこち配った後、残りの700個くらいを今干しています。


 これを今年も黒ニンニクにするのです。

 越山農園特製の手作りの黒ニンニクです。


 昨年は、収穫してすぐ黒ニンニクを作りましたが、ある程度干してからのほうがいいようですよ。


 何事も経験です。


 

2020年7月17日金曜日

ギックリ腰の畝

~落花生13畝~


 堆肥研究家が足の靱帯損傷で、私はというと今月仕事で忙しいことから、落花生を植えるのが2週間ほど遅れていました。


 昨日の早朝、仕事前に私が耕運機で畝立てを行い、足が回復してきた堆肥研究家が畝を整えて落花生を植えていきました。


 やはり畑は気持ちいいですな。


 ニンニク千個と玉ねぎ600個を収穫した後に植えるので、かなりの面積です。長い畝が13列。


 夕方仕事が一段落した私は、植えた苗に水をたっぷり与えます。


 おや?まだ畝ができていないところがありますな。夕食までまだ少し時間があるので、やりますか。


 2か月ほど前、鍬でサツマイモの苗を植える畝を作った際に、腰の右側を痛めてしまったので、今回は鍬は使わず、ゴルフ場で使い慣れているレーキを使って畦を作っていきます。


 越山農園式高畝です。特注品。こだわりがあるのです。


 終わりかけ、腰にピキッと痛みが走りました。震源地は今度は左腰です。瞬間的に「まずい!」と思いましたね。


 ギックリ腰は癖になるといいますが、私はもう何度も経験があります。今回はちょっと長引くかも。


 今日は2か所顧問先を訪問する予定でした。よろよろ歩く分には何とかなりますが、カバンを持って動くのは無理で、仕事はキャンセル。


 午前中ベッドに横になった後、今這い出してきて机に向かっています。椅子に座っている分には大丈夫のようなので、これからテレワーク。


 やることがたくさんあるので、少しでもこなさなければ。


 いつになったらできるのか…イチジクの夏季剪定とカミキリムシチェック。


 焦ります。



2020年7月12日日曜日

ブルーベリーいろいろ

~甘いの酸っぱいの・大きいの小さいの~


 秋田でも昨日から今朝にかけてかなり雨が降りました。


 名古屋に住んでいたころ、毎年のように名古屋鉄道の子会社往査で、南木曽・御岳・飛騨高山方面へ出張に行っていたので、水害にはずいぶん心配していました。


 私のところは大雨といっても、被害はありません。ゴルフも中止になったので、今週末も先週末に引き続き本業に集中できます。


 ただ、イチジクの夏季剪定と、カミキリムシチェックが全然できていないので、とても心配です…。


 今頃カミキリムシに、主幹の芯をホジホジされているかも…ああ、困るんですけど…。



 仕事の合間に、気分転換にブルーベリーの収穫でも。


 ブルーベリーは現在28本、ビルベリーが5本あります。


 ブルーベリーに特化して、数百本~千本以上植えているところもあるようですが、越山農園は多品種果樹園なので、ブルーベリーはその一部。


 植えた当初、「ブルーベリーとは」という講習を2年続けて受けたのですが、いざブルーベリーを前にすると、どうしていいかわかりませんでした。


 3年経過しても実が生らなかったので、これはダメかも…とあきらめていたのですが、一昨年ネットで「花ひろば」から、3年物の大苗を購入。


 これを見本にして剪定をおこない、昨年は肥料もきちんと与えたら、結構実が生りました。


 「なんだ、そういうことだったのか」


 今年はたくさん実が生っています。


 20分くらいかけて一回りするだけでこれくらい。



 400個ほどあります。これが1日おきくらいに収穫できます。


 多品種果樹園を謳っているように、ブルーベリーもいろんな品種を植えています。


 どれがなんという名前かは忘れましたが、大きいのから小さいの、甘みの強いものからやや酸っぱいの、それに早生から遅いのまであるので、長い期間楽しむことができます。


 ジャムにしないで生で食べましょうか。


 販売するには少ないし、自分たちで食べるには、ちょっと量が多いですかな…。





2020年7月7日火曜日

山に還る庭

~我が家の庭の歴史~


 事務所にこもって仕事をしていたら、福岡造園さんから嬉しいメールが届きました。


 HPをリニューアルされたそうで、我が家の庭も作庭集にあるそうです。


 たくさん写真がありましたよ。懐かしいです。


 おっと!たろにゃん君もいましたよ。


 テーマは「山に還る庭」です。


 リンク貼ってます。ご覧ください。