カテゴリリンク

2019年10月14日月曜日

最強のイチジク「バナーネ」

~圧倒するうまさ~


 イチジクは現在102本植えてあります。


 果樹園を始めた初年度、どのイチジクが生食用においしいのかわからなかったので、いろんな種類を植えました。

  • ドーフィン
  • 日本イチジク
  • ホワイトゼノア
  • ビオレ・ソリエス
  • カドタ
  • ドカロンイチジク
  • バナーネ(エルサレムイチジク)

 でも、どこに何を植えたか忘れてしまいました…。


 おととし食べた、蜜にあふれた完熟イチジクのおいしかったこと。他のイチジクを圧倒するうまさでした。


 それがバナーネだとわかったので、これに特化することにして、昨年植えたは40本はすべてバナーネにしました。おととしの春に植えた40本のうち20本もバナーネです。


 これらはまだ植えたばかりなので、今年はまだ実がつかないだろうと思っていたのですが、手入れがよかったのか努力に応えてくれたのかわかりませんが、何本かにはすでに実がついていました。


 採れたてのころは毎日20個くらいでしたがどんどん採れ始め、30個、40個と増えていきました。


 最近は行くたびにざるいっぱいに収穫できます。もうすでに7~8百個は収穫したでしょうか。


 完熟するとカラスにやられてしまうので、


 「食べられる前に採る」


 という作戦を実行したのですが、これが結構効果がありましたな。

 完熟する前の柔らかいイチジクをもぎ取り、2~3日置いておくと蜜があふれてきて完熟してきます。


 いやはやこのおいしいこと。


 こういったイチジクは、熟しすぎるとカビが生えてくるので、市場には出てこないのでしょうね。


 一方カラスのほうです。新たな作戦を展開し始めました。


 「食べる前に採られるその前に食う」作戦です。


 それならば私も…と思いましたが、これだけ収穫できればカラスにも少し分けてあげましょうか。


 これからやってくる冬の凍害さえ乗り越えれば、来年は去年・おととし植えた80本のイチジクが一気に実をつけることでしょう。


 問題は、収穫した後どうするかです。


 そろそろ考えないと……。



2019年10月12日土曜日

税務署からの依頼

~学校で授業を~


 ここ2週間、大手監査法人から引き継いだ法定監査の仕事で終日現場で監査を行っていたので、ブログがお休みとなっていました。


 NHKドラマ「監査法人」で小野寺も言っていましたね。


 「監査は現場が大事なんだ!」と。


 事務所内で法人内部用の書類ばかり作っていてはいけませんよ。現場へ行きましょう。


 今月の監査は昨日で一段落なので、今日と明日は私の事務所内で税務の顧問先のたまっていた仕事を一気にやってしまいます。この天気じゃ外出もできませんからね。


 そんな中、先日税理士会経由で税務署から依頼がありました。


 「小中学校・高校で、税金に関する授業をやってくれないか」


 ムムムム……。忙しいのでお断りすればいいのでしょうが、引き受けてしまいました…。


 そういえば私のブログのトップページにも、特技として「講演」と書いてあるので……引き受けないわけにはいきませんね。


 学生相手に講義を行った経験はというと…そういえば名古屋の聖霊高校の土曜セミナーで


 「女性公認会計士として強くたくましく生きていくための講座」


 というのをやったことがありました。


 その時の受講生が本当に公認会計士を目指し、見事合格したのには驚きましたね。


 会計に関する講師は30歳代~40歳代にかけて頻繁に行っていましたが、講演といえば10年ほど前、名古屋大学で名大生相手に朝から夕方まで7時間ほどかけて講演したのが最後でしょうか。


 税務署での打ち合わせでは、授業用のパワーポイントの資料と台本が用意してありました。「ここでクリック」などとも書いてあります…。


 台本通りなどとても恥ずかしくて話せませんぜ。


 私の数多くの公演は、すべてオリジナル資料を用いたものでした。監査法人の資料を用いたことは一度もありません。


 これは私の高校時代に「政経」や「倫社」を教えてくれていた斎藤先生の影響なのです。


 今回も「自分で資料を作って好きなように話していいですか」と聞いたところ、「それでいいですよ」とのことだったので、一安心。


 いい授業をやりますよ!




2019年9月26日木曜日

今年もニンニク千個

~まずは完熟馬糞堆肥投入から~


 7月にニンニク千個収穫後、炊飯器4台をフル稼働させて黒ニンニクを作り続けています。

 だいぶたまってきました。もうあと250個くらい。


 できあがった黒ニンニクは4種類に分けて袋にいれ、保存しています。


 ・「形も大きさもとてもいいやつ」→「上」

 ・「まぁ普通ですな」→「並」

 ・「ちょっと小さいけどまいいか」→「小」

 ・「虫が食ったりして(無農薬だから)一部撤去したの」→「バラ」


 です。


 この場合、あなたならどこから食べていきますか?


 「そんなもん『上』から食べるに決まっとるがね」


 というあなた!羨ましいです。



 私は残念ながらそういう性格には生まれなかった…涙…。


 私はバラから食べます。そして「小」もたまに…。早く上を食べてみたいにゃんこ。


 さて来年に向けて、タキイ種苗からニンニクの種球を取り寄せました。とりあえず千個分です。


 ニンニクは土がいいほどいいものが採れるそうですね。今年も完熟馬糞堆肥を投入します。

 分厚く積んでいきます。


 運搬機があるといっても、運搬機に堆肥を積むのはスコップで行います。腰の状態と相談しながらの作業でした。どうでしょうか。


 ニンニクのためなら頑張るんば!




2019年9月19日木曜日

越麻呂自慢のイチジク畑

~食べられる前に採る~


 カラスとの交渉が物別れに終わったので、何らかの対策を施さなければなりません。


 まずは昨年購入した防鳥ネットでイチジクを覆ってしまいましょう…と思ったら、イチジクの成長が早すぎて、とても覆いきれませんでした。


 それにしても我がイチジク畑、素晴らしい景観です。



 この1年でずいぶん大きく成長しましたね。




 満足満足。


 肝心のカラス対策です。


 ネットでいろいろ調べているのですが、面白そうなのがありました。あとで試してみます。


 とりあえず当面対策は、


 「カラスに食べられる前に収穫する」


 です…。


 これって対策といえるのだろうか。


 完熟していませんが、収穫した後時間がたつと熟してくるようです。


 完熟イチジクはもう少しの辛抱です。




2019年9月17日火曜日

劇的ビフォーアフターのその後

~つながりそうな芝生~


 イチジクが採れ始めました。完熟イチジクのうまいこと。申し訳ないくらい。


 こういうイチジクは、市場には出回りませんからね、イチジク農家の特権です…。


 ただ困るのはカラス。昨日も8個。さっき見回り行ったら、やはりやられていました。最近毎日です。


 私としても、全部自分たちで独り占めしようなどとは思っていません。カラスにも生活があるので、少しなら分けてあげましう。でも、


 「あんたたち一人一日一個だけんね。それ以上はだめだかんな」といっても


 「はい!わかりました。カァカァ」


 などと言ってくれる相手ではないしなぁ。困りました。


 さて春先、ゴルフ仲間のABさんに「もう捨てるだけの芝ですけどどうですか」とご紹介いただいて、砂利を敷いていた駐車場に芝をコツコツと貼り付けていきました。





 最近またご紹介いただいたので、ケートラを走らせます。片道約1時間。今回は3往復。


 やっとここまで来ました。十分目土も施しました。


 もう少しでつながります。


 よく頑張りましたね。



2019年9月11日水曜日

なんとす落花生

~落花生の海~


 黒石の友人に教えてもらって作り始めたのが落花生です。


 「越麻呂農園」…というか「あずさファーム」というか「アンダーセンファーム」というか(まだ決めていない)、ここで作っている落花生は、いわゆる豆まきの時に見かける乾燥させた落花生とは異なります。


 「おおまさり」という品種で、塩ゆでで食べる落花生です。これがとてもおいしく、ビールのおつまみやおやつにピッタリ。


 あまり日持ちしないので、これを食べるのは落花生農家の特権といわれています…農家じゃないけど…。


 その落花生ですが、ここの土にとてもあっているようで、ここ2年間とてもうまくいきました。


 ただ昨年は作りすぎてしまい、今年はもう少し少なくてもいいのではないかと考えていたのです。


 ところがところがところが…先日畑に行ってみたらこんな感じ。



 「なんとすなや!(どうするのよ!)」


 しっかり実がついているかどうか試し掘りをしてみないとわかりませんが、場合によってはお声がけします。


 お願いだから、収穫して持って行ってください。



2019年9月8日日曜日

フジバカマにオミナエシなど

~庭に咲く花たち~


 昨日は明け方から体調不良で、午前中の予定はキャンセルしてベッドに横になっていました。


 えっ!大丈夫なの?


 どうしても土日で片づけなければならない仕事があり、午後から仕事にとりかかったのですが、熱もありあえなくダウン。おかゆを食べてすぐ寝てしまいました。


 その日の夕方にビールを飲みたいと思うかどうかが、私の健康のバロメーターだということがよくわかりました。今日はどうしようか迷うところです。


 あっそう。


 今朝ゆっくり起きて庭に出てみると、いろんな花が咲いていましたよ。最近忙しさのあまり気が付きませんでした。余裕がないのでしょうね。


 毎年9月になると咲き始めるフジバカマです。冒頭の写真もそうですが、弟にもらったカメラだけどなかなかのカメラです。



 いいですね。


 準絶滅危惧種ですが、今年はあちこちに咲き始めました。

 

 どんどん大きくなって、咲き誇ってほしいです。


 そしてガマズミが実をつけ始めました。



 とても色鮮やかです。


 いずれ野鳥たちが実をついばみにくることでしょう。


 そしてオミナエシ




 こちらは植えたものですが、あちこちに広がり始めています。


 「日々の生活に余裕が必要なのだ」と教えてもらったような気がします。



2019年9月3日火曜日

しっとり 萩

~役に立った「シャフト」~


 堆肥研究家の名古屋の友人から、

 「越麻呂日記を楽しみにしている」

 というメールを何通かいただいたそうです…最近あまり更新していませんでした。


 8月は、私の税務の顧問先の中では最も大きな法人の確定申告書の提出があったので…あ…言い訳はやめましょうね。


 今日一日挟んで、今週から来週にかけて監査の仕事。落ち着くまではもうすこしです。


 昨日クライアントへ仕事に行く前に、パプリカをはじめ畑の朝採り野菜や自家製シソジュース、それに自家製キュウリの漬物と一緒に「ファーム夢未来」の枝豆をまとめて秋田の修道院へ届けに行ってきました。

 とても喜んでいただきました。


 帰り際、シスターから「お気をつけて。ではご無礼します」と。


 ん!!!「ご無礼します」ですと。


 「もしやあなたは名古屋の方では?」と尋ねたら、5年ほど前に名古屋の修道院から秋田の修道院へ異動になったのだそうです。


 おお!そうですか。秋田弁も覚えてくださいね。親しみを込めて、


 「へば、まずな(では、さようなら)」


 さて、昨年福岡造園さんに植えていただいた「萩」


 植えたときは10センチくらいのなんだかよくわからない「根」のようなもので、「これが萩???」と思ったものですが、もうびっくりするくらい成長しました。


 とてもいい感じです。福岡造園すごい!
 

 ただ成長しすぎて頭のほうが重くなってしまい、先日の強風で3本ほど倒れてしまいました。


 そのうちの2本は、起こしてイボダケで誘引して何とかなったのですが、一番立派で大きな萩の木が、どうしても起き上がりません。イボダケで誘引しても、イボダケが簡単に折れてしまいます。


 どうする?


 そのままにしておくのもかわいそうだし、いっそのこと上のほうを切ってしまってから誘引しようかとも思いましたが、せっかくここまで大きくなったのに…。


 ふと思いついたのが、ゴルフクラブの「シャフト」です。いらなくなったのが何本かあります。これならちょっとやそっとじゃ折れませんぜ。


 どうでしょうか。


 うまくいきました。


 今朝撮影しようとしたら、長年使っていたブログ用のカメラが、とうとう壊れていました。10年以上は使っていたはずです。


 今日の写真は、弟からもらったソニーのカメラで撮ったもの。「α6000」です。小型ですが高性能です。

 使い方はよくわかりませんが、スマホへ写真の転送もできるといいます。今後はこれを使います。


 そういえば、福岡造園さんを訪れた子猫ちゃんは、無事に飼い猫になったそうですね。


 よかったよかった。




2019年8月22日木曜日

「あきたこまち」と「なまはげ」

~田んぼアートその2~


 エスペランス村では今年は枝豆(「ンダマメ」と命名している)は作らなかったので、出始めに近くで野菜を専門に売っているところから購入したのですが…残念でした。


 今年は春先雨が降らなかったので、不作なのだろうなと思っていたのですが、ご近所のKさんから頂いた枝豆を食べてみてびっくり。とてもおいしいです。


 Kさんご夫妻は、八郎潟の農事組合法人「ファーム夢未来」の社長さんや現場の責任者の方とお知り合いなのだそうで、直接購入できるそうです。行ってきましょう。


 朝採りした枝豆は午前中に選別し、午後に販売するそうです。ふつうはなかなか手に入らないのですが、A級品1キロ入りの袋を14袋予約。


 ファームから直接購入することもあってか、値段もびっくりするほど安く、しかもとびっきりおいしいです。


 堆肥研究家は名古屋の友人に送るというし、私も個人的にお世話になった方もいるので、追加で1キロ入りを20袋購入。

 自家製野菜も含めて送ったら、とても喜ばれました。


 ファーム夢未来の社長さんをご紹介いただいたのですが、定年退職してから農業を本格的にやり始めたそうで、枝豆だけで21ヘクタールあるそうです。


 私だって監査法人を退職してから果樹園を始めましたよ。このように年齢を重ねても頑張っている人を見ると、私も力が湧いてきます。


 秋田の人は、


 「俺もやらないから、お前もやるな」


 という県民性の人が多いといいますが、先日のワイナリーを目指している人など、なぜか私の周りには、頑張っている人の知り合いが増えています。


 いい傾向だと思います。


 夢未来に行く途中、八郎潟で田んぼアートをでやっているというので見に行ってきました。


 あきたこまちに


 なまはげです。


 田舎館村の田んぼアートに比べれば、まだまだ精緻さに欠けるかもしれませんが、全体の景観はとてもいいです。


 可能性を感じます。




2019年8月16日金曜日

今朝の収穫野菜

~待ちわびた雨~


 昨年の冬は雪があまり降らなかったので、春先雪解け水があまりありませんでした。


 4月5月はほとんど雨が降らず、水やりで大変な思いをしました…ゴルフができませんでした。


 空梅雨が追い打ちをかけ、最近は連日35°を超す猛暑日続き。刈払い機や乗用草刈機を使うと土埃が舞い、畑の土も砂のようになってしまいました。


 昨年植えたラズベリーは一部が枯れ果て、やむを得ず撤去。これだけ雨が降らないのは、我が人生で初めての経験です。


 そして今、やっと雨が降り始めました。どんなにこの雨を待ち望んだことか…。


 雨が降るとトマトや食用ほおずきがやられてしまうし、野菜も傷んでしまう惧れがあるので、今日は急遽早朝から収穫です。


 まだ収穫しきれていませんが、風も強いのでこの辺で止めておきましょう。


 写真の左下は、食用ほおずきの萼をむいたものです。これは後ほどジャムにします。


 ナスとパプリカは、夏野菜カレーにしますか。


 キーマカレーがいいでしょう。




2019年8月12日月曜日

色鮮やかな夏野菜

~パプリカ大好き!~


 夏野菜が続々と採れ始めているので、毎朝収穫に出かけます。


 特に私が好きなのはパプリカ。昨年より増やしたのですが、大きいです。


 ピーマンに


 ミニトマト。


 シソもまだ頑張っています。


 そして果樹園ではブラックベリーの収穫が始まりました。収穫は堆肥研究家の日課です。


 私は仕事の合間に、果樹の見回りを兼ねて散歩に出かけるのですが、ご近所のKさんにお手伝いをいただいているのでとてもすっきりしています。


 まるで公園のようです。