カテゴリリンク

2019年6月24日月曜日

一人親方

~その前にマルベリーの収穫~


 おとといの夜、福岡造園さんのブログを見ていたら、「一人親方」というタイトルで投稿がありました。

 おお!私と一緒ですね。面白かったです。


 監査法人勤務時代は、上場会社等の大会社であれ会社法の小さな会社であれ、チームを組んで監査を行っていました。実務経験の少ない会計士の教育の場でもあります。


 監査法人で30年以上の監査実務経験を経て独立した今では、よほどの大会社でなければ、一人でも十分監査を行うことができます。


 理由は、熟練した経験豊富な会計士であれば、すべて自分一人で監査を行うことができるため、トータルの監査時間を減らすことができ、チームで行うよりはるかに効率的に監査を実施することができるからです。


 例えば経営者インタビューは、監査法人では主査とパートナー2人くらいで行うことでしょう。でも私一人で十分です。


 監査計画やその審査、決算監査の審査も、監査法人では「一人親方」の何倍も時間がかかることでしょう。表示の監査もそうです。そしてかかった時間は、監査報酬に反映されます。


 また「一人親方」だと、スタッフや主査・マネージャー等の調書をレビューする必要もありません。すべて自分で監査を実施して把握し、責任も自分で取ればいいのです。


 一人だと担当が変わって何度も同じことを聞くということもないし、年数を重ねるごとにいい業務を提供することができます。もちろん、なれ合いのないよう自分を律することが必要ですけどね。



 まぁそれはそれとして、マルベリーの収穫です。立派なのがたくさん収穫できました。



 生で食べてもおいしいし、この後ジャムにします。おや、パセリも。


 植えてからまる4年。今は収穫できるのがたった2本ですが、豊作です。

 ちなみに、堆肥研究家が近所で発見した野生の桑の実と比較してみましょう。


 こちらが野生で


 こちらが「エスペランス村のマルベリー」です。もちろん無農薬。


 どちらが大きいか比べてみましょう。



 同じ皿に入れると


 手前が…あ、わかりますね。


 マルベリーは、桑のうちの果樹専用の品種なのだそうです。


 今年39本植えたので、4年後が楽しみです。



2019年6月16日日曜日

ミッションマネジメント

~「目に見えない何か」の正体~


 久しぶりにいい雨です。


 1日3~4時間の水やりから解放されそうです。


 しとしとと降っています。


 そういえば40年以上前の大学生時代、「雨のそぼ降る日曜日」という歌を作ったのを思い出しました。


 さて、「このままでは終わらない」という果樹園。


 なぜ500本近い果樹の苗を植えてしまったのか…まだ1円の売上もないのに…まだ続けるといいます(私のことです)。


 ダイエーの中内さんは、おそらく「全国の消費者に大量の物資を少しでも安く届けたい」という思いがあって、小さな商店からダイエーをあそこまで大きくしたのです。


 こういった思いは、ソニーの森田さんをはじめ、現在の一流企業の創業者たちはだれもが持っていたに違いありません。


 これを「ミッション」と言います。おそらく「目に見えない何か」の正体だと私は思うのです。


 もちろん公認会計士としての私にも、ミッションはあります。口に出しては言いませんけど。


 では、私が果樹園を始めたきっかけは何か?


 「生のイチジクをたべたいけど、秋田に生のイチジクがないので自分で作ってしまえ」…え!100本も?


 「ポポーという珍しい果物を食べてみたい」…。1本あればいいでしょうに。


 どうもミッションとしては次元が低いですね。違うようです。


 でも、今では思うものはあります。


 まだ書かないでおきます。

 


2019年6月15日土曜日

目に見えない何かが導く

~これで終わっていいのか?~


 ブルーベリーはもう3本くらい植えられそうだとか、この辺にマルベリーがもう1本入りそうだなとかいうのはありますが、5,300坪の敷地の果樹区画に果樹の苗木は植え終わりました。


 昨年の1月10日の魁新聞に、私たちの記事が掲載される際に、果樹の苗木を棚卸ししたのですが、320本ほどありました。


 その後昨年の春に110本、今年の春に61本植えているので、おそらく今現在果樹は450本~480本ほどあると思われます。


 一区切りついたし、7月からは仕事が忙しくなるので、もういいんじゃないでしょうか……。もう十分ですね。


 「あどやめでけれ(もうやめてください)」


 という声も耳にします。


 自分でも、我ながらこの5年間よくやったと思います。ほめてあげましょう。


 「エスペランサ村物語」もそろそろ完結です……。




 ところが最近、私の耳元で目に見えない何かがささやきます。


 「公認会計士が果樹園をやるといい始めたのに、その程度で終わっていいのか?」



 「越麻呂さんが果樹園をやるといっていたのだから、もっとすごいと思ってましたよ」

 

 「公認会計士だったら職業的懐疑心に則り、もっと深掘りして深度ある果樹園にしなければいかんがね」


 
 そうでしたね。この程度で終わるはずはありませんね。


 では7月から、次のステップへ進みましょう。



2019年6月11日火曜日

マルベリーの主張

~ワシら勝手に生きていきますケン~


 果樹の苗木を植え始めた最初の年、最後の最後に「まぁ…植えてみっか」といって購入したのがマルベリーでした。いってみれば桑の実です。


 桑といっても蚕やお茶の葉用ではなく、果樹としての桑です。


 「まぁ…植えてみっか」的扱いだったため、ほとんど手入れすることもなく、たまに周りの草を刈り払い機で刈ったり、そういえば…と思いついたときにだけ堆肥を補充する程度でした。


 マルベリー君は、イチジクやラズベリーに対する丁寧な手入れを横目で見ながら、いつの間にかエスペランサ村の


 「ワシら勝手に生きていきますケン会」


 の会長に成長していました。


 昨年から突然大量に採れ始めたのですが、今年もすこぶる順調に実が付いています。


 マルベリーの実は、ブラックベリーと異なり生で食べてもおいしいし、ジャムにするにしても実の中に種がないので、裏ごしする必要もありません。


 ブラックベリーは中に種があるので、ジャムを作るにしてもとても手間がかかりますからね。


 困ったことにこのマルベリー、今とてもブームになっているそうです。


 ポポーと一緒で、流行が私たちが注目するより少し後からついてきているのですが、一時的にブームになると、苗木が高騰するし入手しにくくなるのです。


 今年植えた61本のうち、実はマルベリーが39本です。これだけ購入するのにずいぶん苦労しましたぜ。

 昨年の秋に購入して春まで取り置きしていただいたのですが、今年の春にはもう値段がかなりアップしていました。


 とてもいい苗でしたので、大事に育てています。



2019年6月9日日曜日

玉ねぎ収穫始まる

~まずは早生から~


 玉ねぎはなるべく長い間収穫できるよう、早生のものを200本、通常の時期のものを400本植えています。


 早生の玉ねぎがそろそろ収穫時期を迎えました。


 この玉ねぎは昨年の秋、いわゆる一般的なマルチで苗を植えたのですが、今年の春に植えた苗は、やはり草マルチを敷きました。


 刈り取った草を一輪車に乗せて集めてきます。堆肥研究家渾身の草マルチです。


 さてこの時期の新玉ねぎはとてもみずみずしく、オニオンスライスにして生卵の黄身を落とし、かつお節を振りかけてしょうゆを垂らして食べるととてもおいしいです。


 吊るして干して長期保存するのもいいですが、せっかくなのでどんどん分けてあげましょう。


 早速父親の税理士事務所と弟の税理士事務所に、レタスと一緒に持っていきました。


 どうもこちらのほうは大雨が降ったようです。なんでこの辺だけ降らないの…と言いたいところですが、現実を受け入れるしかありませんからね。


 帰りに二木ゴルフの試打会へ。


 長年私のクラブを見てくれている友人が、この試打会のためにわざわざ埼玉浦和からきてくれたのです。


 試したクラブは、ピンの「G410プラス」に「エピックフラッシュ」。シャフトは、グラファイトデザインやスピーダー・テンセイです。


 ピンはいいクラブですね。テンセイもいいシャフトでほしいですがハードです。疲れが出てくる後半は厳しいかも。


 腰と膝が痛いので、現在週に3回整骨院に通っているのですが、それに仕事と農作業で忙しくなるので、ゴルフはもうやめようかなと思っていました。


 でも自分が打ったドライバーの弾道に自己陶酔しているうちに、またやりたくなってきましたよ。


 残ったボールでアプローチの練習をしていると、友人がウエッジを持ってきました。


 「モダート」?聞いたことないけど…。


 彼のお付き合いのある職人さんが、一本一本手作りで作っている削り出しのウエッジで、とてもよくスピンがかかるのだそうです。


 ごろごろ転がってピンに寄っていくアプローチも現実的ではありますが、「周りが『あっ!大きい』と思ったら、キュキュッとスピンがかかってピタッ!と止まる」というアプローチはかっこいいですね。


 また悩みが増えました。




2019年6月8日土曜日

果樹の手入れ

~雨が降らない…~


 昨日の夕方の天気予報では、夜の9時頃から今朝9時頃にかけて土砂降りの雨が降る予定でした。

 これで一息つけるなと思っていたのですが、今朝起きてみてびっくり。雨の形跡がありません。道路も土も乾いています…。ムムムムム。


 しばらく晴天続きの予報なので、これでは田畑や果樹はもちませんね。田んぼはやっていませんが…。

 また毎日3~4時間かけて水やりをしなければならないかも。


 7月から仕事中心の生活になるので、今月中に果樹の手入れを終わらせたいのですが、なにしろ450本くらいあるので大変です。


 ラズベリーとブルーベリーは終了したと思ったら、よく見るとまた草が生えてきていました。根気が必要です。なんのこれしき!


 先日ポポーが終了しました。



 雑草を取り払い、堆肥を補充し、肥料をまきます。


 今はイチジクに取りかかっているのですが、これが大変で、1本30分くらいかかります。イチジクは全部で102本。


 「俺はなんでこんなことをしているのだ」とは考えないことにしています。


 目に見えない何かが、私に「やれ!」と言っているのです。




2019年6月2日日曜日

目土

~芝の手入れは続く~


 南秋田CCで月に一回平日にゴルフをしようという仲間内の会があります。「南平会」です。


 先日そのメンバー6人でお寿司を食べに行ってきました。行先は「宝寿司」。秋田で最も予約の取りにくい寿司屋と言われています。


 なにしろ予約を取ったのが昨年の南平会の忘年会の時。半年間空いていませんでした。


 そして次回の予約を取ったのですが、なんと来年の2月中旬まで予約がいっぱいだということでした。9か月後です…。


 ここのお店の特徴は、なんといっても「飲むお酒は自分たちで持ち込む」ことです。

 参加メンバーの中に、日本酒の酒造メーカーの方がいらっしゃったので、今回私が持って行ったのは、焼酎の「魔王」でした。


 6人の内5人が高校の同窓生だったのですが、またしても次期同窓会会長の話が出ます…7月から忙しくなるので…私は…。


 さて芝のその後です。目土を行わなければなりません。


 専門家ではないのでよくわかりませんが、ご近所のKさんに教えていただきました。


 芝と芝の間隔は、詰めないで空けたほうがいいのだそうですね。芝の間や凸凹のあるところ、芝の少ないところに目土を行っていきます。


 ゴルフ場で芝を張り替えたところをじっくり観察してきたのですが、こんなにまいていいのだろうかと思うほど土をまいていました。


 私のところには芝用の砂がないので、ここでも完熟馬糞堆肥を使います。栄養のある土です。ずいぶんまきましたが、こんな感じでいいでしょうか。


 連日の晴天続きで、毎日水をまいても芝が茶色くなってしまいましたが、しっかり新しい芝が生えてきています。


 梅雨明け後は一面緑色になるのを楽しみにしています。



2019年5月31日金曜日

イチジクー夏果

~4ヵ月収穫できる?~


 イチジクは、てっきり秋に収穫するものだと思っていました。


 ところが冬の間本を読んでみると、前年の枝に夏果がつき、今年伸びた枝に秋果がつくのだそうです。ということは、2回収穫できる?


 春先、「夏果が収穫できる剪定方法」があるというので、試してみました。

 そしたら…おお!まだ5月だというのに立派な実が付き始めています。


 いや~~~驚きましたね。こんなにうまくいくとは。おや、ここにも。あちこちに…。


 ガリレオ先生の言葉を借りれば…


 「おもへ~~!すったげおもへ~~!(面白い!実に面白い!)


 ということになるでしょうか。


 これだから果樹園はやめられない。



2019年5月29日水曜日

とり木

~ブラックベリーの増やし方~


 ラズベリーは、株元から離れたところに出てくる「サッカー」を掘り起こして別のところに植えれば簡単に増やすことができます。


 昨年JAから購入したラズベリーの苗が、以前ゲンちゃん農園のGさんからいただいた苗に比べてあまりにも貧弱だったし、実際1年たってもあまり成長していないので、Gラズベリーに植え替えようかとも思いました。


 ただ私のところのラズベリーは、あまりにも雑草が生えてきて手入れがとても大変なので、いまのところ思いとどまっています。時間があればやってみますが。


 これに対してブラックベリーの苗は、あまりサッカーが出てこないので、増やそうと思っても掘り起こしができません。


 そこでブラックベリーの場合は、「とり木」というやり方で増やすのだそうです……写真付きの解説を読んでみましたが、これが面倒くさそうで、私には向きません。

 昨年20本苗を購入してしまいました。


 1年たってその苗を手入れしていたところ、ほふく前進している苗の先端が、土の中にめり込んでいます。


 読んだ本を思い出し、もしやと思って先端を掘り起こしてみると…根がついていました(カメラでうまく接写できなくて、いい根がついていたのはピントが合っていませんでした)。


 これって「とり木」じゃないの???…自然に何気なくとり木を行っていたのでした。


 これを別のところに植えてみます。


 どうなるでしょうか、楽しみです。


 こういう新たな発見は、とてもうれしくなります。



2019年5月27日月曜日

行者ニンニク

~水不足が深刻~


 連日の快晴で、水不足が深刻です。先日の雨では全く不十分でした。


 田んぼでは水をめぐるトラブルが発生していると聞きます。畑も広いと水やりが大変だと思います。


 私も昨日一昨日と、水やりが終わったのが夕方7時。始めたのは午後3時半でした。到着したばかりの運搬機も大活躍。


 早朝も1時間。合わせて4時間半。水やりだけでゴルフの1ラウンドにかける時間とほぼ一緒。

  え~~い!運搬機、うれしいのでもう1枚



 朝の水やりが終わると、果樹の草むしりをしたり肥料をまいたり誘引等、果樹の1本1本を丁寧に手入れしていきます。


 最近週に3回整骨院に通って腰の治療をしているのでゴルフはできないですが、それでなくてもこれではゴルフというわけには…。


 仕事や農作業の疲れをクールダウンさせるために、夕食時に少しだけお酒を飲むのですが、これが毎日だと体に悪いのだそうです。


 仕方がないのでたまに抜いているのですが、そうすると私の場合その日は深夜まで仕事をしてしまいます。


 これってむしろ体に悪いのではないだろうか?


 だったらむしろ、飲んで早く寝たほうが健康にいいのではないだろうか?……と思うのですが、たぶん違うのでしょうね。


 一昨日の午前中、行者ニンニクを19本植えました。植えた場所は庭です。



 毎年コツコツ数本植えていたのですが、今年は4月頃やっと食べられそうな大きさになってきました。


 でも…せっかく数年かけて育てたので、もったいなくて食べられません。そうこうしていううちに、こんなに大きくなってしまいました。ここまで来るともう駄目です。


 花が咲いてきていて、ここから種がこぼれてどんどん広がっていくのだそうです。


 ワラビやタラの芽は、敷地内や競争は激しいものの近くのいたるところで採れるのですが、行者ニンニクはそうはいきません。


 貴重な山菜なのです。


 さて今日もこれから芝生とブルーベリーの水やりです。がんばるんば。



2019年5月21日火曜日

恵みの雨

~水やり~


 今日は恵みの雨です。ホッとしました。


 5月だというのに、毎日気温が25°以上の日が続きました。

 宮沢賢治さんのように「日照りの夏はおろおろ歩…」いている場合ではありません。水をやらなくては。


 これが重労働です。


 まずは早朝、堆肥研究家が仮伏せしてある原木シイタケにかけてあるブルーシートをはがし、水をかけます。


 私は最近、毎日のようにケートラで1時間以上かけて、いらなくなった芝をもらいに行って、車庫前の砂利に敷いていたのですが、ここまできました。


 昨日はこの芝に水をかけるのに1時間10分かかりました。そのままだと茶色く枯れてしまうので大変です。


 畑に2時間半。草マルチを敷いていますが、水が欲しいです。


 畑の土も乾燥しきっています。今年の夏は、夏野菜が高騰する予感がします。


 今年植えた苗はもちろん、にんにく千個に玉ねぎ600個にもかけます。

 せっかくここまで順調に育ってきたのに、最後の最後でダメになってしまったのではたまりませんからね。


 果樹は今年植えた61本だけにします。既存の木まではとても無理です。


 蛇口から一番遠いところまでは250mくらいはあるでしょうから、じょうろに水を入れてケートラで運び、運搬機にじょうろを移して運びます。


 運ぶ途中、ポポーやイチジクの樹をチェック。おお!ポポーの花がきれいですね。



 61本に3時間くらいかかるので、二日に分けて行います。


 最後は疲れてよろよろよろめき、サルナシを植えてあるところの柵の単管をまたごうとしたら、単管に足を引っかけてうまく抜けません。


 あっと思ったら、そのままじょうろをかかえたまま、まともに正面から倒れこんでしまいました。


 誰かに見られたかも…。


 幸い足や手首が骨折や捻挫するということもなかったので助かりましたが、危ないです。


 先週から今週にかけてラズベリーの草むしり。雨が降らないので地面が固く、雑草を抜くと土埃が舞います。


 昨日はブルーベリービルベリーの草むしり。45本くらいあるでしょうか?


 「こんなにたくさん植えたのはだれだ!」


 と言いたくなりましたが、植えたのは私でした。


 今年は今の時期仕事が少ないのでいいのですが、来年は会計監査の仕事の真っただ中です。


 どうしましょうか?



2019年5月15日水曜日

劇的ビフォーアフター

~資源を有効活用~


 ゴルフ仲間のABさんと雑談の中、「某社が芝を張り替えるようですよ」という話を耳にしました。


 「で、そのはがした芝生はどうするんですか?」と尋ねると、捨ててしまうのだといいます。


 もったいないですね。

 どうせ捨てるなら私がいただきたいです。ということで、会社からご了解をいただいて、はがした芝生を譲ってもらうことになりました。


 車庫の前の敷地は大雨が降ると土がぐちゃぐちゃになってしまうので、砂利を敷いています。

 でもこの砂利が、景観的にここの自然の風景に合わないので、ずっと気になっていました。


 まずは試しに5枚ほどいただいてきて、砂利の上に堆肥を運んできてならし、その上に芝生を貼ってみます。


 いいんじゃないでしょうか。

 ではでは、完熟馬糞堆肥をダンプで7トンほど運んでもらって敷き詰め、その上にいただいた芝生を貼っていきましょう。その前に…。


 この堆肥の山を崩して、一面に敷き詰めなければなりません。


 気が遠くなりそうですが、やるときはやるのです。


 最初はレーキでこの山を崩してならしていきました。

 バンカーの砂をならすのは得意ですが、これは大変な作業です。途中からスコップと一輪車を投入。


 できました…腰と手がおかしくなりました。


 では芝生を受けとりに、早朝ケートラを走らせます。


 道の途中、今年の県会議員選挙で私が住んでいる町から初当選した鈴木真美さんが、飯塚小開の交差点の角で車に手を振り続ていました。


 いいですね。すがすがしい気分になります。私も頑張らねば。


 持ってきた芝生を、完熟馬糞堆肥の上に敷いていきます。





 形が不ぞろいなものもありますが、これももったいないので、工夫して敷きます。パッチワークのようですが、いいんです。


 とりあえずここまでできました。水をたっぷりこ与えます。


 いいんじゃないでしょうか。景色がガラッと変わりました。



 はがした芝生があれば、どこへでもケートラを走らせて行きますよ!


 来客があって、「ここでアプローチの練習ができますね」と言われましたが、腰が痛くて当分ゴルフは出来そうもありません。




2019年5月10日金曜日

最後の1本!

~マルベリーで締め~


追加で購入したマルベリーを植え終わりました。


 よく頑張りましたね。

 これ以上植えると乗用草刈機が入っていけなくなるので、今度こそおしまい。5,300坪の敷地に植える場所はありません。


 新たに敷地を増やせば別ですけど。


 さすがにもう疲れました。少しペースを落とさなくては。



2019年5月8日水曜日

サルナシの里その2

~タロニャン君へのプレゼント~


 ゴルフの石川遼選手は、和合の8番でティーショットを打った際に、腰が抜けたようになったそうですね。まだ若いのに…。


 私はサルナシの里で大きな穴を掘っているうちに、あと7本を残し腰を痛めてしまいました。どうする。


 でも昨日は助っ人のFさんが、午前中2時間限定ですが、応援に来て穴を掘ってくれました。

 これで一気に夕方までに残りの7本終了。苗がだいぶ弱ってきていたので、助かりました。


 この区画は単管の中の作業なのでかなりきつく、

 「スコップを担いで出かけたのですが、気が付いたらサルナシの里で前のめりになりながら倒れていました」

 ということにならなければいいなと、ずいぶん心配させてしまいました。


 シイタケ山は、ハナポンにプレゼントしました。

 外部からの侵入者(この場合野良猫)があると、この小さな体のどこから発するのだろうかと思えるような大きな声を出して、シイタケ山を守ろうとします。


 では、サルナシの里はタロニャン君にプレゼントしましょう。


 えっ!遠いからいらないって?


 タロニャン君!もっと運動しなきゃ。